国債とは何か?

国債(こくさい)とは「国庫債券」の略で、国(日本国)が発行する債券となります。債券というのは要するに借金のことで、国債を発行することで、国債の買い手(投資家)からお金を借りています。それに投資をする(国債を買う)のが国債投資となるわけです。

ちなみに、国債や政府機関が発行する債券、地方自治体等が発行する地方債を総称して「公債」とも呼ばれます。このページでは国債とはいったいどのようなものなのかということをわかりやすく説明していきます。

国債は国が発行する債券(借金証書)

国債というのは「債券」と呼ばれる有価証券の中でも、「国家(政府)」が発行するものです。日本の場合は「日本国政府」が発行するもので、いわゆる「国の借金証書」です。そもそも債券というのは一体何なのでしょうか?

簡単に説明すると、国は「国債」を発行します。発行された国債は証券会社、銀行、保険会社などが買います。また、個人投資家が銀行や証券会社などを通じて購入することもできます。
購入と書きましたが、言い方を買えると「国の借金の申し出を承諾してお金を貸す」という意味です。

また、お金を貸した以上はその間「利息」が支払われます。通常の国債は年に2回利息が支払われます。

この国債にはそれぞれ「満期(償還日)」が設定されています。
これは借金の返済日のことで、この日まで国債を保有していたら、借りていたお金を全額返すというルールになっています。満期(償還日)が5年後であれば、5年間保有していれば貸したお金が返ってくるということになるわけです。

以上が、国債とは何か?ということを簡単に説明したものです。

 

債券ってなに?

国債は「債券」という形式をとっています。債券というのは具体的にどのようなものなのでしょうか?国債とは何かを説明する際に「借金」という形で説明しましたが、債券はこの借金についてルールや売買の仕組みを備えた有価証券の一つです。

・借金に応じた権利を証券化したものが「債券」
債券は国の借金の申し出に応じて、利息や元本の償還(満期時)を受け取る権利を証券にしたものです。これを保有している人(名義人)がその権利を持つことになっています。
(現在、国債は電子化されており、証券会社等の口座上で管理されています)

 

国債の商品性

国債といってもいくつか特徴がある商品があるのですが、基本的には「利付国債」と「割引国債」という二つに分けることができ、少し商品性が違います。

・利付国債
利付国債とは、半年ごとに利子の支払いを受けることができる国債です。満期が決められており、満期時に額面金額が支払われます。「発行価格=額面金額」となります。ただし、一部の国債は発行価格と額面金額が異なるので注意してください。

・割引国債
割引国債には利子の支払いはありません。満期が決められており、満期時には額面金額が支払われます。これだとメリットはありませんが、「発行価格<額面金額」となっているので、額面金額(満期時に帰ってくる金額)と発行価格と額面金額との差が投資家の利益となります。

ちなみに、このほかにも「物価連動国債」などがありますが、特別重要ではないのでここでは説明を割愛します。詳しく知りたい方は「国債の種類と特徴」をご覧ください。

また、国債は発行から償還(満期)までの期間によって下記のように呼ばれます。
・短期国債(1年未満)
・中期国債(2年~4年)
・長期国債(5年~10年。ただし、一般に「長期国債」という場合は10年満期を指すのが普通)
・超長期国債(10年より長期の国債)

 

国債が発行・販売される仕組み

国債は国が発行します。ただ、国から投資家が直接買うのではなく、「証券会社や銀行」から買うことになります。国が国債を発行するとき、入札方式により銀行・証券会社・生損保等の金融機関が購入し、これがその他の機関投資家や個人に販売する形となっています。

 

国債という有価証券(紙)はあるの?

国債については平成15年1月から「ペーパレス化」されており、紙としての債券の発行はありません。投資した国債については金融機関における口座上の表示によって管理されるようになっています。
現物がないので、紛失や火事等による焼失などのリスクがなくなっています。また、利子や元本の受取忘れといった事態も起こらなくなっています。

 

でも、国債ってテレビとかで聞くと国の債務が増えてるとかで危ないんでしょ?というイメージもお持ちの方も多いかと思います。次は「日本国債なんかに投資をしても大丈夫なの?」をご覧ください。

国債投資にお勧めの証券会社

国債は基本的に「どこで買っても同じ」です。
購入時に手数料などはかかりません。しかしながら、せっかく買うなら「最もお得」なところでで買うべきです。

SBI証券は個人向け国債の購入に対して購入額に応じたキャッシュバックキャンペーンを開催しています。たとえば国債を100万円分購入した場合にはもれなく2000円がキャッシュバックされます。口座開設はもちろん無料です。
利回りに換算すると0.20%になります。

また、国債以外にもSBI債(個人向け社債)なども限定で販売しており、毎回完売するほどの人気となっています。国債を含めた債券投資をけんとうしているならぜひお勧めしたいネット証券です。
>>SBI証券詳細情報

10年国債(変動)
人気の長期個人向け国債。金利変動タイプ
>>詳細

5年国債(固定)
中期運用に最適な5年満期の固定金利国債
>>詳細

3年国債(変動)
短期の運用商品。毎月発行。個人的評価は×
>>詳細
新窓販国債
満期は2年、5年、10年の3種類。
>>詳細
SBI債 SBI債
SBI証券で不定期に発行される社債。短期満期にも関わらず高金利で人気が高い。
第31回金利:1.43%(1年満期)
>>SBI証券

 

当サイト人気ページランキング

当サイトで過去1ヶ月間の人気ページのランキングです。
1位:国債とは何か?
2位:個人向け国債の特徴
3位:個人向け国債なら10年ものが有利
4位:債券価格と金利の関係
5位:国債投資と税金
6位:国債はどこで買える?
7位:国債投資のメリット・リスク
8位:国債投資と手数料
9位:定期預金と国債比較
10位:34回以前の10年国債は解約

国債・債券投資に関する注意点とお願い
本サイトでは、国債に関する情報を多数提供しておりますが、特定債券への投資を推奨するものではありません。
また、債券投資は完全な無リスク投資ではありません。債券投資に関するリスクをご確認の上、自己の責任において投資をされるようにお願いいたします。