発行体の信用リスク(デフォルトリスク)

発行体というのは債券(国債)を発行する組織です。日本国債の場合は日本国政府ですね。債券は発行体が破たん(デフォルト)した場合には債券に投資をした元本の一部(または全部)が戻ってこないことになるので、この発行体が大丈夫かどうかを見極めるのがとても大切です。そのリスクを「信用リスク(デフォルトリスク)」といいます。

信用リスクは発行体が借金を返済できなくなるリスク

債券を発行している組織や国が返済できなくなることを専門用語で「デフォルト(債務不履行)」といいます。たとえば、債券というのは借金証書ですから、借金の利子の支払いが遅れたり、元本を償還期限までに支払えない場合がデフォルトです。

債券に投資をしている投資家は発行体がデフォルトを引きおこすと、利子の受け取りはもちろん、投資した元本の返済が受けられなくなる場合もあるので大きなリスクです。

こうした債券の発行体がデフォルトを引き起こすリスクのことを「デフォルトリスク(信用リスク)」といいます。

 

発行体の信用リスク(デフォルトリスク)を知る方法

債券(国債)における信用リスクを知る方法として代表的なものが「信用格付け」です。信用格付けとは格付け会社が行っている国や企業などの信用リスクを評価したものです。
こうした格付け会社は複数ありますが、S&Pやムーディーズなどが世界的にも有名です。

たとえば、S&Pの場合はAAA~Dまでのアルファベットで信用力を評価しています。具体的には下記のようになっています。

信用リスクが低い(信用力が高い)
AAA
      
AA
      
A
これ以上の格付けを「投資適格」と呼ぶ
BBB
これ以下の格付けを「投資不適格」と呼ぶ
BB
      
B
      
CCC
      
CC
信用リスクが高い(信用力が低い)
C
債務不履行に陥っている
D

また、上記の格付けに「+」「-」といった表現をつけることで細分化しており、さらに「安定的」「ウォッチ(注視)」「ネガティブ(格下げ検討)」などのようにその中でも細分化したりしています。

上の表にも書いていますが、原則として「BBB」以上の格付けがついている発行体の債券は「債券投資として適している」とされており、それより下の「BB」以下の格付けがついている発行体の債券は「適していない」とされます。そのため、格付けがBB以下の発行体が出す債券を「ジャンク債」と表現することがあります。

 

発行体のデフォルトリスクは債券の金利に影響を与える

債券に投資をする場合には、格付けが高い発行体であるほど「安全」であるといえます。しかし一方で、リスクとリターンはトレードオフ(二律背反)な関係にあるというように、

リスクが高い債券=金利が高くなる

という特徴があります。先ほど例にあげた「BB」以下の債券を「ジャンク債」と表現すると書きましたが、別の表現として「ハイイールド債(高利回り債)」と呼ぶこともあります。つまり、リスクの高い債券だからこそ、高い利回りを得られるということでもあるのです。

なので、格付けの高い日本の国債への投資はデフォルトリスクの低い比較的安全な投資といえますが、その分得られる金利収入も低く、逆に「SBI債」や「マネックス債」といったような格付けが「BBB」程度の債券(社債)の場合には高い金利が得られることになるわけです。

国債投資にお勧めの証券会社

国債は基本的に「どこで買っても同じ」です。
購入時に手数料などはかかりません。しかしながら、せっかく買うなら「最もお得」なところでで買うべきです。

SBI証券は個人向け国債の購入に対して購入額に応じたキャッシュバックキャンペーンを開催しています。たとえば国債を100万円分購入した場合にはもれなく2000円がキャッシュバックされます。口座開設はもちろん無料です。
利回りに換算すると0.20%になります。

また、国債以外にもSBI債(個人向け社債)なども限定で販売しており、毎回完売するほどの人気となっています。国債を含めた債券投資をけんとうしているならぜひお勧めしたいネット証券です。
>>SBI証券詳細情報

10年国債(変動)
人気の長期個人向け国債。金利変動タイプ
>>詳細

5年国債(固定)
中期運用に最適な5年満期の固定金利国債
>>詳細

3年国債(変動)
短期の運用商品。毎月発行。個人的評価は×
>>詳細
新窓販国債
満期は2年、5年、10年の3種類。
>>詳細
SBI債 SBI債
SBI証券で不定期に発行される社債。短期満期にも関わらず高金利で人気が高い。
第31回金利:1.43%(1年満期)
>>SBI証券

 

当サイト人気ページランキング

当サイトで過去1ヶ月間の人気ページのランキングです。
1位:国債とは何か?
2位:個人向け国債の特徴
3位:個人向け国債なら10年ものが有利
4位:債券価格と金利の関係
5位:国債投資と税金
6位:国債はどこで買える?
7位:国債投資のメリット・リスク
8位:国債投資と手数料
9位:定期預金と国債比較
10位:34回以前の10年国債は解約

国債・債券投資に関する注意点とお願い
本サイトでは、国債に関する情報を多数提供しておりますが、特定債券への投資を推奨するものではありません。
また、債券投資は完全な無リスク投資ではありません。債券投資に関するリスクをご確認の上、自己の責任において投資をされるようにお願いいたします。