はじめての国債投資国債の基礎知識>国債に投資をするメリットとリスク

国債に投資をするメリットとリスク

はたして、私たち個人投資家が「国債」に投資をするメリットというものはどんなものがあるのでしょうか?また、国債投資をするというのははたして安全な投資なのでしょうか?ここでは、国債投資におけるメリットとデメリット(リスク)をわかりやすく紹介・解説していきます。

国債のメリットは国が投資をするという安全性

まず、国債投資の大きなメリットとしては「安全な投資先」であるということです。元本の保証は日本国政府が行っており、銀行や証券会社が国債を買った場合、仮にその金融機関が破たんしたとしても債券は100%保護されているので安心です。

国債への投資は「国の財政破綻リスクがあるから危険な投資」という論調を見かけることもあります。
しかしながら、「日本国債なんかに投資をしても大丈夫なの?」でも説明したとおり「円資産」という日本政府の信頼の元で存在している「円通貨」という上では一番安全な資産といえます

なぜなら、仮に日本が破綻する場合、日本の通貨である円は一気に価値を失うからです。国債が怖いから定期預金で運用するという話も聞きますが、円が紙くずになった段階で円定期の価値もなくなっています

もし、「国の破綻」というリスク備えるというのであれば、円資産ではなく外貨資産を持つ必要があります。
たとえば、外貨預金や外債、外貨建ての株式などが挙げられます。また、円建てであっても外国の金融商品に投資をするものであれば、リスク軽減となります。そういったリスクに関しては「外貨預金」や「外貨MMF」などの外貨投資商品がお勧めです。

一方でこのような投資は、為替レート等の変動によって元本が上下するので、決して安全資産ではないという点にも注意が必要です。

 

小額から投資できてはじめての債券投資でも取り組みやすい

国債投資というと大層なものに聞こえるかもしれませんが、個人向け国債なら1万円単位、その他の国債でも5万円単位で投資をすることができます。株式投資などの場合には数10万円単位の資金が必要になりますが、国債投資ならごく小額からの投資も可能です。

 

定期預金などと比べても高い金利(利回り)が期待できる

国債投資の金利(利率・利回り)は同じ運用期間の定期預金などと比較して割りと高めです。

 

 

国債投資のリスク・デメリット

国債投資へのリスクとデメリットはやはり「低金利」ということに尽きるでしょう。また、先ほどは円資産の中では安全と書きましたが、本当に日本が破綻した場合には価値が失われるというリスクはもちろん存在します。

 

株や社債などと比べると利回り(期待リターン)が低い

国債の利回り(金利)は円通貨の金利と連動するので、超低金利といわれる現在では、国債による金利もごくわずかです。銀行の定期預金などよりは高い金利が付いていますが、その他のリスク資産(株式投資や投資信託、外貨投資)のような高い利回りが期待できないのは現実です。

 

満期(償還期限)を迎える前では「価格変動リスク」がある

定期預金の場合、満期前に解約する場合でも「ペナルティ金利(通常よりも低金利な金利)」が適用されるものの、元本を下回るということはありません。
しかしながら、国債(債券)の場合、 「債券価格と金利」のところでも説明しますが、債券は満期前に現金化しようとすると、その時の市場金利によって「売却損」が発生するリスクがあります。もちろん、逆に「売却益」が出ることもあります。
ただし、「個人向け国債」については解約ができるようになっているので、価格変動リスクはありません。

 

国が破たんした場合には元本・利息が支払われない可能性がある

リスクの大きさとしては小さいものですが、国債も債券の一種ですので、万が一発行体(この場合は国)が破たんした場合には、元本は保証されません。
ただし、日本円での資産運用を考えている上で、国が破たんした場合、通常は円の価値もほとんどなくなるので、議論としてはあまり意味がありません

 

なお、単純に国債といっても実は色々な種類の国債が存在しています。次の「国債の種類」ではそれぞれの国債の特徴などをまとめているのでぜひ参考にしてください。

国債投資にお勧めの証券会社

国債は基本的に「どこで買っても同じ」です。
購入時に手数料などはかかりません。しかしながら、せっかく買うなら「最もお得」なところでで買うべきです。

SBI証券は個人向け国債の購入に対して購入額に応じたキャッシュバックキャンペーンを開催しています。たとえば国債を100万円分購入した場合にはもれなく2000円がキャッシュバックされます。口座開設はもちろん無料です。
利回りに換算すると0.20%になります。

また、国債以外にもSBI債(個人向け社債)なども限定で販売しており、毎回完売するほどの人気となっています。国債を含めた債券投資をけんとうしているならぜひお勧めしたいネット証券です。
>>SBI証券詳細情報

10年国債(変動)
人気の長期個人向け国債。金利変動タイプ
>>詳細

5年国債(固定)
中期運用に最適な5年満期の固定金利国債
>>詳細

3年国債(変動)
短期の運用商品。毎月発行。個人的評価は×
>>詳細
新窓販国債
満期は2年、5年、10年の3種類。
>>詳細
SBI債 SBI債
SBI証券で不定期に発行される社債。短期満期にも関わらず高金利で人気が高い。
第31回金利:1.43%(1年満期)
>>SBI証券

 

当サイト人気ページランキング

当サイトで過去1ヶ月間の人気ページのランキングです。
1位:国債とは何か?
2位:個人向け国債の特徴
3位:個人向け国債なら10年ものが有利
4位:債券価格と金利の関係
5位:国債投資と税金
6位:国債はどこで買える?
7位:国債投資のメリット・リスク
8位:国債投資と手数料
9位:定期預金と国債比較
10位:34回以前の10年国債は解約

国債・債券投資に関する注意点とお願い
本サイトでは、国債に関する情報を多数提供しておりますが、特定債券への投資を推奨するものではありません。
また、債券投資は完全な無リスク投資ではありません。債券投資に関するリスクをご確認の上、自己の責任において投資をされるようにお願いいたします。