はじめての国債投資国債の基礎知識>日本国債なんかに投資をしても大丈夫なの?

日本国債なんかに投資をしても大丈夫なの?

ニュースや新聞などでよく日本の国の借金(債務残高)が増えているということを聞きます。国債というのは国の借金の引受手になるということだから国債投資って実はすごくリスクが高い取引なんじゃないの?と思う方も多いかもしれません。ここでは、日本国債への投資とその安全性についてまとめます。

国債とは何か?」で国債の仕組みについて説明をしました。でも、上記のような不安(日本の破綻リスク)を考えている方も多いかと思います。ここでは、その点を考えましょう。

日本国債の世界的な安全性は極めて高い

投資対象の安全性・健全性を示すものに「格付け(信用格付け)」というものがあります。
これは格付会社が、それぞれの投資対象の健全性を評価しているものです。

その格付けの中で日本(日本国債)の信用格付けは、ムーディーズによるとAa3(安定的)という位置にあります。言葉で表現すると「債務履行の確実性は極めて高い、信用リスク(破綻する可能性)は極めて低い」という表現となっています。

中長期的に見ても日本が破綻するリスクというのは低いと判断されているわけです。

でも、日本の債務残高って絶望的なレベルだと思うだけど・・・。という方もいるかもしれません。

 

日本円での運用を考えるなら国債は最も安全な資産の一つ

そんな危険なものに投資なんか出来ない!と思う方もいるかもしれません。
しかしながら、まず国債は円をベースに考えた場合は最も信用できる商品です。仮に日本が財政破綻したというのでれば、安全資産だと思われている「円預金」だって価値はなくなります。
(円が暴落してしまいますので、価値が失われます)

もし、日本国債の破綻を考えるのであれば、円ベースの資産を持つのではなく、外貨ベースの資産または金、銀などの実物資産を持つ必要があります。

あくまでも、円として運用するのであれば、定期預金に預けようとも日本の破綻リスクは負うことになるので同じことになります。

 

もちろん、日本が破綻するリスクはゼロではありません。
そのため、資産ポートフォリオの一部は外貨で運用したり、金などの現物資産を加えておくというのも一つの手ではあります。

その一方で、私たちは日本で生き生活しているわけです。円ベースで生活をするのが基本なわけですから、当然資産ポートフォリオの多くは「円」で締めることになるはずです。そうなった場合の運用手段としては国債投資も定期預金も同じフラットで考える必要があるわけです。

さて、それでは、国債への投資におけるメリットとリスク(デメリット)を考えていきたいと思います。次の「国債に投資をするメリットとリスク」をご覧ください。

国債投資にお勧めの証券会社

国債は基本的に「どこで買っても同じ」です。
購入時に手数料などはかかりません。しかしながら、せっかく買うなら「最もお得」なところでで買うべきです。

SBI証券は個人向け国債の購入に対して購入額に応じたキャッシュバックキャンペーンを開催しています。たとえば国債を100万円分購入した場合にはもれなく2000円がキャッシュバックされます。口座開設はもちろん無料です。
利回りに換算すると0.20%になります。

また、国債以外にもSBI債(個人向け社債)なども限定で販売しており、毎回完売するほどの人気となっています。国債を含めた債券投資をけんとうしているならぜひお勧めしたいネット証券です。
>>SBI証券詳細情報

10年国債(変動)
人気の長期個人向け国債。金利変動タイプ
>>詳細

5年国債(固定)
中期運用に最適な5年満期の固定金利国債
>>詳細

3年国債(変動)
短期の運用商品。毎月発行。個人的評価は×
>>詳細
新窓販国債
満期は2年、5年、10年の3種類。
>>詳細
SBI債 SBI債
SBI証券で不定期に発行される社債。短期満期にも関わらず高金利で人気が高い。
第31回金利:1.43%(1年満期)
>>SBI証券

 

当サイト人気ページランキング

当サイトで過去1ヶ月間の人気ページのランキングです。
1位:国債とは何か?
2位:個人向け国債の特徴
3位:個人向け国債なら10年ものが有利
4位:債券価格と金利の関係
5位:国債投資と税金
6位:国債はどこで買える?
7位:国債投資のメリット・リスク
8位:国債投資と手数料
9位:定期預金と国債比較
10位:34回以前の10年国債は解約

国債・債券投資に関する注意点とお願い
本サイトでは、国債に関する情報を多数提供しておりますが、特定債券への投資を推奨するものではありません。
また、債券投資は完全な無リスク投資ではありません。債券投資に関するリスクをご確認の上、自己の責任において投資をされるようにお願いいたします。